安心して医学部受験に立ち向かおう

大学受験の中でも、最も難しい学部といえるのが医学部です

すべての科目において高得点を取らなければ、合格を勝ち取ることができません。

受験勉強にかける時間も膨大になってしまいます。

それだけでなく、大きなプレッシャーの中でモチベーションを保ち健康面の管理をしなければなりません。

個人でこれらを行うのは非常に難しく、ほとんどの人が予備校に通うことになります。

予備校では、生活リズムをしっかりと整える事を基本とし、年間1500時間以上の授業を展開しています。

ここの大きな特徴は少人数でゼミ形式の授業を行っているところにあります。

およそ5人程度を標準として、双方向の授業をします。

講師からの問いかけに対し、生徒がそれぞれ自分の意見や考えを交流します。

様々な意見を聞くことによって、多角的に物事を考える力が身に付くのです。

これは入試問題にも役に立ちます。

様々な角度から問題を考える必要があるのです。

授業は1コマあたり100分あります。

その中で毎回テストをして、自分の学習状況が把握できます。

間違えた問題は徹底的に講師陣が解説してくれるので確実に理解した上で次のステップへと進むことができるのです。

夜10時まで自習室が開放されているので、その日の授業を振り返ったり課題に再度チャレンジしたりすることもできます。

チューターが常駐しているので、わからないことがあればすぐに対応してくれます。

常に最新の受験情報をリサーチしてくれているので、入試の動向を確認することができます。

このように、それぞれの大学の入試問題に対する徹底的な分析のもと指導してくれるので良い結果を残す精度が非常に多いことも特徴です。